テニスダブルス

MENU

テニスダブルス

当サイトはダブルスに特化したサイトです。
戦略や戦術、練習法など、上達する為の様々な情報をご紹介しています。
強くなりたい方、上達したい方、ぜひご覧ください。

 

ダブルスとシングルスは同じテニスでありながら、全く違うスポーツのようです。
その為にシングルスが強いプレーヤーであってもダブルスでは勝てないという方もたくさんいます。
特有の戦術や戦略が存在するからです。

 

テニスは本当に奥が深いスポーツです。
伸び悩む時もあれば、ある日突然閃く時もあります。

 

「最近なかなか上達しないなぁ」とお悩みの方にこのサイトがお役に立てると幸いです。

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』
加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』 全日本選手権優勝の現役プロ選手による上達法です

強くなる為の展開、パターンを学ぶには最高のDVDです。の
中級者〜上級者までの男性の方に特におすすめです。
ここまで詳細なところまでを知っている事がトッププロ達が勝ち続ける理由なのかと納得しました。

価格 特典 評価
17,800円 全額返金保証 テニスダブルス,戦術,セオリー

ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!
ダブルスの配球に特化した非常に貴重なDVDだと思います。

特にその内容は「邪悪」と表現しているだけあって、かなり実践的です。
と言うより非常に「いやらしい」配球でこれを試合でできるようになると相手は本当に嫌になると思います。
ダブルスの配球と言えばほとんどがセオリー的な事が多いのですが、その中にあってこの教材はかなり個性的で実践的だと感じました。

価格 特典 評価
14,800円 メール相談、動画チェック、グリップテーププレゼント テニスダブルス,戦術,セオリー

試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜

35歳以上全日本チャンピオン、右近貴志氏の上達法です。
サービスゲームをキープ率を高める戦術、リターンゲームのブレーク率を高める戦術が非常に好評です。
プロ選手にように特別な体力が無い一般プレーヤーが実践できる内容でありながら、著者自身が全日本選手権で優勝している納得の内容です。

 

価格 特典 評価
14,800円 全額返金保証 テニスダブルス,戦術,セオリー

 

強くなる為に

メンタルトレーニング

スポーツは技術よりもメンタルが大事と言われます。
それはミスが必ず付き物だからです。

 

自分のミスは即、相手のポイントになります。
その為に自分達のミスは最低限に抑える必要があります。
その時に大きな差になって現れるのがメンタルタフネス。

 

いくら技術があっても、メンタルが崩れれば普段の実力を発揮する事は出来ません。
それどころか逆にメンタルさえ安定した強さを発揮する事ができれば相手にプレッシャーを与える事ができます。

 

その結果、相手が自ら崩れてくれる事も期待できます。
これも立派な戦略の一つ。

 

もちろん、相手のメンタルを崩すためにマナーに反する事はできませんが、ルール、マナーに反する事が無ければどんどん相手にプレッシャーを与えるべきです。
また、逆に言うと自分達のペアはメンタルが崩れないように普段の練習から鍛えておくべきです。
ちなみにおすすめのメンタルトレーニングプログラムはこちらです。

 

 

管理人もメンタルトレーニングはいろいろ試してみましたが、どれも抽象的なトレーニングで効果を実感できませんでした。
そんな中でこのプログラムだけが非常に具体的にトレーニングでき、また、実際に試合でも勝てるようになりました。
具体的な方法はボールへの集中力を高める為のトレーニングです。
このトレーニングをすることで試合でも緊張する事無く普段の実力がかなり発揮できるようになりました。
とってもおすすめなのでメンタルトレーニングに興味のある方はチェックしてみてください。

フィジカルトレーニング

メンタル、テクニカル共にレベルが高くても、フィジカル面に不安があるとやはり強くなる事はできません。
いくら気持ちが充実し、相手を任せるだけの技術があっても、足が痙攣をおこしてしまえば、それは宝の持ち腐れ。
そのプレーヤーの実力はメンタル、フィジカル、テクニカル(タクティクス)が揃って始めて測れるものです。
逆に言うとどれか一つでも大きく欠ける物があれば、必ずその部分から崩されてしまう事になります。
そうならないように普段から体力面での強化も実践する必要があります。
その為にまず、一番大切な事は常に体調を整えておく事です。
そして、練習の疲れを次の日に残さないようにします。
その為には栄養面、睡眠には気を配るようにしましょう。
実はこの基本的な事が出来ていない為に体力が伸びないプレーヤーがたくさんいるのです。

 

【おすすめ】
⇒ 兼子ただしの“SPEED SPORTS STRETCH”

 

更新履歴