ダブルスの配球の基本は2対1

MENU

ダブルスの配球の基本は2対1

ダブルスの配球の基本は2対1です。
配球を間違える多くのプレーヤーは1対2になっている事が非常に多いです。

 

例えばA、Bのペアと対戦しているとしましょう。
この時に不味い配球はA⇒B⇒A⇒Bというように交互に配球することです。

 

これでは配球で相手を崩すことが難しくなります。
なぜなら、相手が体勢を立て直す時間を与えてしまうからです。

 

例えばまず、Aのプレーヤーを狙って打ったします。
この時、効果的なショットであれば多少なりともAのバランスは崩れそうになるはずです。
この時にはもう一度Aを狙い、もっとバランスを崩すべきです。

 

一度バランスが崩れると立て直すにはそれなりの時間が必要です。
ですからその時間を与えずにもう一度狙うようにします。
これを数回繰り返すと完全に相手のバランスが崩れ、ミスをしてくれる、または完全なオープンコートができます。

 

ところが、一度配球しただけでBのプレーヤーに配球してしまったのではせっかく崩れ始めたAのプレーヤーが立ち直ってしまいます。
これはダブルスとしては非常に不味い配球です。

 

つまり、ダブルスの配球の基本はこちらの2人のプレーヤーで一人のプレーヤーを崩す配球なのです。

 

ちなみに1対2の間違った配球をしてしまうプレーヤーはスクールで練習している方に非常に多いのが現実です。
練習相手に気を遣っているのでしょうか??

 

それともコーチからそのように配球するよう指導されるのでしょうか?
どちらにしてもこれでは強いダブルスになる事は非常に難しくなります。

 

ちなみにこのあたりの配球を身につけるには加藤プロのDVDを参考にするのがおすすめです。
非常に詳しくわかりやすく紹介されていますのでかなり役にたつはずです。

 

⇒ 加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』

 

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』 テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム 「勝てるスライスの技術」

DVD5枚組み

全額返金保証付き

 

特別価格 17,800円

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』

DVD1枚

全額返金保証付き

 

特別価格 12,800円

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

DVD5枚組み

全額返金保証付き

 

特別価格 19,800円

「勝てるスライスの技術」

 

ダブルスの配球の基本は2対1関連ページ

セオリー通りの配球では勝てない相手がいる
テニスのダブルスの配球について紹介していきます。
ダブルスのレシーブ
ダブルスのレシーブについて紹介していきます。
テニスダブルス ストレートアタック
テニスダブルスでのストレートアタックについて紹介しています。
ダブルスの展開
テニスのダブルスの展開について紹介していきます。
ダブルスのロブの使い方
テニスのダブルスのロブの使い方について