ダブルスのレシーブ

MENU

ダブルスのレシーブ

ダブルスのレシーブはまず、相手のネットマンにボレーをされないようにクロスへ返球するのが基本になります。
ところが、このクロスのレシーブがきちんと返球できずに相手のネットマンにボレーされてしまうプレーヤーがいます。
いわゆる、「レシーブをクロスに返球できない」プレーヤーですね。

 

このような問題を解決する時には問題が二つあります。
一つは単純にクロスへ配球するコントロールを磨くこと。

 

この練習はみんな思いつくことでしょう。
そして、実際にその練習は実践していることと思います。

 

でも、実はこれとは違うもう一つ非常に大切な事があります。
それはストレートへレシーブする事です。

 

ストレートへレシーブを打たないと相手のネットマンの意識は常にクロスのボールを待っています。
その為に、クロスのレシーブへの反応は非常に速いわけです。

 

ところがもし、ストレートへ頻繁に飛んでくるとなると?
そうです、相手はストレートとクロスの両方を意識する必要が出てきます。

 

こうなるとクロスへの反応はかなり下がります。
その結果、クロスへのレシーブが通りやすくなります。

 

「クロスへのレシーブが通らない」と悩んでいる方の中にはこのような問題を持っている方がたくさんいます。
いくらクロスへしっかりとコントロールできているとしても、相手がそのクロスを読んで反応すればそれはなかなか通る物ではありません。

 

つまり、この場合は技術的な問題ではなく、配球ミスが原因なのです。
根本的な原因が配球ミスにも関わらず、技術的な問題だと勘違いすると自分にばかりプレッシャーをかける事になり、良いパフォーマンスを引き出すことはできません。

 

自分へのプレッシャーはできるだけ軽減するべきです。
その為にはストレートへのレシーブは必須です。

 

そうする事で相手のネットマンの足を止めることができてクロスのレシーブが通りやすくなります。

 

ちなみにこの場合のストレートへレシーブを配球する目的はクロスへのレシーブを通り易くするための見せ球です。
ですからそのポイントは取れなくても構わないのです。

 

逆に言えば、大事なポイントでこの配球を使う必要はありません。
あくまでも大切な事は相手のネットマンの足を止めることです。
その事を踏まえ問題のないポイントで実践してみてください。

 

 

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』 テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム 「勝てるスライスの技術」

DVD5枚組み

全額返金保証付き

 

特別価格 17,800円

加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』

DVD1枚

全額返金保証付き

 

特別価格 12,800円

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

DVD5枚組み

全額返金保証付き

 

特別価格 19,800円

「勝てるスライスの技術」

 

ダブルスのレシーブ関連ページ

ダブルスの配球の基本は2対1
ダブルスの配球の基本は2対1です
セオリー通りの配球では勝てない相手がいる
テニスのダブルスの配球について紹介していきます。
テニスダブルス ストレートアタック
テニスダブルスでのストレートアタックについて紹介しています。
ダブルスの展開
テニスのダブルスの展開について紹介していきます。
ダブルスのロブの使い方
テニスのダブルスのロブの使い方について