テニスダブルス ストレートアタック

MENU

テニス,ダブルス,ストレートアタック

今回はダブルスでのストレートアタックについてです。

 

ストレートアタックとは文字通り、前衛に向かってストレートにアタックすることです。
では、どうしてわざわざストレートに打つ必要があるのか?

 

ストレートには基本的に前衛がいますので、相手の前衛が守っているところに打つ事になります。
でも実はこれがかなり効果があります。

 

では、ストレートアタックの目的と注意点について。

 

まず、目的ですが、これは大きく二つあります。
一つは相手の前衛の足を止めること。

 

ダブルスでは基本的に前衛のポーチにかからないようにレシーブをします。
ポーチを食らうとやはり非常に不利ですからね。

 

その為にはクロスにしっかりと返球する必要があるのですが、実はクロスばかりに打っていると相手の前衛はクロスを読んで早め、早めに動き始めます。
こうなるとクロスに返球してもどうしてもポーチにかかってしまいがち。

 

そこでストレートに打って相手に「ストレートに打ってくるな」という意識を植え付けます。
こうすることで相手は簡単にはポーチに出れなくなります。

 

次にもう一つの目的。
これは非常に単純。

 

単に前衛のプレーヤーのボレー力が低い場合です。
相手にボレーを打たれてもその攻撃力が低ければ??

 

何も怖くないです。
というより、逆にチャンスボールが来る可能性もあります。

 

そうなれば積極的にストレートアタックするべきです。
何もクロスからプレーを始める必要はありません。

 

特にミックスダブルスで女性が前衛にいる場合等は非常に効果的な戦術です。

 

では次にストレートアタックする時の注意。
それはあまり厳しいラインぎりぎりを狙わない事。

 

万が一ボレーを決められても構いません。
それよりも自分たちが単純にミスをするほうが問題です。

 

相手に絶対に触らせること。
これが非常に大切です。

 

ですから、サイドアウト、ネットミスは絶対にしてはいけないミスです。
相手にプレーをさせるようなボールでストレートにアタックする事。

 

アタックと思うとどうしても、力みすぎてミスをしがちなのでここは要注意です。

 

もう一つの注意は使う場面です。
できれば序盤で一度使ってみるようにします。

 

序盤に使って様子を見ておけば、ストレートアタックの使い方がはっきりします。
もし、相手がストレートアタックにしっかりと対応してくるプレーヤーならクロスの返球を通りやすくする為のストレートアタック。

 

でも逆にストレートアタックに対応が甘いようなら、どんどん、ストレートから攻めれば良いわけです。

 

ストレートアタックは攻撃的なダブルスをするためには非常に有効な戦術です。
ぜひ、身につけておきたいですね。

 

【おすすめDVD】

⇒ 加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』

 

現役プロの戦術が学べる貴重なDVDです。
攻撃と守備に分かれて紹介されていて非常にわかりやすいです。

 

⇒ ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

 

詰将棋のように確実に相手を追い込んでいく、いわゆる「いやらしい配球」を学ぶことできます。
非常に実践的なので試合で使いやすいですし、実際効果も高いです。
けっこう目からウロコ落ちました。

テニスダブルス ストレートアタック関連ページ

ダブルスの配球の基本は2対1
ダブルスの配球の基本は2対1です
セオリー通りの配球では勝てない相手がいる
テニスのダブルスの配球について紹介していきます。
ダブルスのレシーブ
ダブルスのレシーブについて紹介していきます。
ダブルスの展開
テニスのダブルスの展開について紹介していきます。
ダブルスのロブの使い方
テニスのダブルスのロブの使い方について